大森山動物園

Zeni4562a900
今日は大森山動物園に行って来ました。杉山秀樹さんが理事長を務める秋田水生生物保全協会による
ゼニタナゴ保全活動のお手伝いです。稚魚が出てくるタイミングを見計らっての採集、移動、放流の
作業となります。黒く見えるのがゼニタナゴの稚魚です。

 

Zeni4580a900 
貝から出てきたゼニタナゴの稚魚。

 

Zeni4596a900_20200603162501 
園内の塩曳潟には国内で一部の地域でしか生息が確認されていないゼニタナゴをはじめシナイモツゴなど
多くの貴重な淡水魚が生息しています。秋田水生生物保全協会では毎年調査、保全活動をしています。

 

Zeni4593a900
採集作業。

 

Zeni4597a900
採集された魚のソーティング作業。多くの希少な魚がいることが分かります。
県内の生息地も開発や圃場整備などでかなり脅かされています。絶滅しないよう見守っていきましょう。

 

 

| | コメント (0)

«トンボ巡り