« 2006年2月 | トップページ | 2006年6月 »

カイツブリ

266_6700kt480 今月はじめ情報いただいてから一ヶ月弱。生まれてました!親鳥はまだ巣の補強をしてましたからまだ雛はいるかと思います。(卵は3個ありました)生まれるとすぐに泳げますが、巣に雛が残っているかも知れません。

267_6715kai480 背中にはもう乗れないかも。カイツブリの雛は生まれてから2ヶ月くらいは白黒の縞があります 可愛いですね!撮影の際感度を1600に上げているのでざらざらが目立ちます。

267_6737kai2480_1 雛が一人ぼっちになりました。おかあさんはどこかなぁ。少しトリミングしてあります。

266_6692kake カイツブリの巣の上にカケスが止まりました。カイツブリはまったく気にしません。カケスもこうして見るときれいな鳥ですね。雨覆と次列風切の一部は青く、飛ぶと翼の白が目立ちます。

| | コメント (2)

トンボ撮り

                                           266_6658torafu600           午前中目的の場所まで行けず残念。いつになったら開通するのかなぁ。昼から南の○沼に行ってみた。トラフトンボが10頭ほどいました。たぶんトラフと思います(^_^;)連結飛翔している個体もいたのですが、動きが早くなかなか撮れません。一瞬空中停止する瞬間を狙うんですが、ピントが合いません。

265_6569asia2600 アジアイトトンボの若い♀です。未熟な個体は赤く、また日本のイトトンボ属では最も小さく普通に見られます。大きさは約29ミリ。成熟すると緑色になります。

266_6611asiaosu600 こちらがアジアイトトンボの♂です。

266_66031a600_2 クロイトトンボの♂。大きさは約33ミリ。

265_65932600 クロイトトンボの♀。背面は黒い。

266_6666600 今日ここにたくさんいたヨツボシトンボです。どちらかと言うとちょっと太めかな。これは♀。これらのトンボ撮影中にカワセミ、オシドリ、サンショウクイが飛んで行きました。この次はゆっくり来たいで~す。

100_0044sake252 今日はいい天気のわりには風が強めでした。暖かかったせいかビール美味かった。日本酒も美味かった。少し辛口で後で効いてきましたウイッ。

| | コメント (4)

休みなのに雨だあ゛~

263_6343uu500 せっかくの代休なのに朝から雨。午前中用事をすませ、雨の中いざ田んぼへ。シギはキアシのみ。あんなにいたチュウシャクはどこにも居なかった。でもカルガモとハシビロガモが4羽いました。

264_6444p500 窓を開けるとまともに雨が入って来るので大変。レンズはずぶ濡れ、自分のズボンもずぶ濡れ。シンちゃんギャグ頂きました(^_^;)あの太いくちばしでぐるぐる回りながらペチャペチャ食事してました。雄は緑っぽい頭と茶色のお腹が特徴です。

264_6468u500 秋田ではハシビロガモは旅鳥で越冬個体は少ない。翼を広げると大雨覆が白いのがわかります。

| | コメント (4)

トンボ出たぁー

263_6310t500 今年初めてトンボを撮影しました。エゾイトトンボです。イトトンボの仲間はどれも似ているので苦手です。

263_6325kosanae500 こちらはコサナエ。日本特産種。はじめダビドサナエかな、と思いましたが画像をみたらコサナエでした。たぶん。ここにはもっとトンボが出ると思います。

263_6330kemusi500 キャー、毛虫だあ゛~。キモ。

| | コメント (0)

里山でブー

262_6283otama500 いつもの仲良し鳥仲間と新規開拓に出かけた。途中ヤマシギが出そうな休耕田に出くわし、そっと覗いてみるとそこにはおびただしいオタマジャクシが・・・。イモちゃんから、オタマのお腹はこうなっているんだよって教えて頂きました。腸?が丸見えです。(@_@)

262_6290otama2500 休耕田はこんな感じでした。近くにはモリアオガエルの卵も。

262_6294kumo500 同じ場所にこんなクモも。何グモだろうか。図鑑で調べてみても分かりませんでした(ーー;)262_6298ageha500

キアゲハ春型もいました。春型は夏型に比べると少し小さいです。模様もすこし違います。トンボもいましたよ。トンボは明日ね(^^♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

262_6275a500 今日久し振りに山に行った。何にも居なかった。

100_0032i500 コンビにで買ったチョコ。ライファー♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年6月 »