« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

八郎潟調整池周辺

Hrl2800
調整池はほぼ結氷しています。昨年は2月に入ると解けてしまいましたが、今年は何とか
もちそうです。お陰でオオワシやオジロワシが見つけやすくなりました。

Kawaaisa0122t2800
カワアイサ。

Kawaaisa0056b2800
凍っていない場所にはミコアイサ、ホオジロガモ、カワアイサがいました。

H0161x2800
ミコアイサ♂とホオジロガモ♀。

Mikoaisa0239w2800_2
ミコアイサ♂。

Kanmuri9777o2800
カンムリカイツブリ。どっちに飛んでるのか分かりません(笑)

Hajiro9867e800
ハジロカイツブリの餌探し。

Hajiro9979p2800
後から見るとこんな感じ。脚の大きさがよく分かりますね。大きな脚で強く水を蹴っているよう
です。水が丸くなってます。

Hajiro0005f2800
肉眼で見ると一瞬ですが、高速連写だと面白い瞬間が撮れます。
1/2500 f5.6 ISO500










| | コメント (2)

我が家上空

Ojirowasi9660w2800
今朝9時半頃ガンの声がしたので外に出でみると真上をオジロワシが飛んでいました。
だんだん離れて行くのであわてて600mmを手持ちで撮影することに。
今日も午前中から夕方まで南下するガンが見られました。1時間で200羽くらいだったかな。

Magan9676s2800_2
北上するガンも少しいましたが、殆んどは南下していました。大潟村にはどのくらい残って
いるんでしようね。

Shijukaragan9671a2800
撮影した画像を見たら南下するマガンの中にシジュウカラガンも入っていました。







| | コメント (0)

カモたち

Suzugamo0482a2800
スズガモのペアがいました。昔はハクチヨウ飛来地などで餌付けが行われていましたが、
今では禁止になりました。当時はカモもハクチョウも足元まで寄ってきたものですが、今では
人の気配を感じると直ぐに遠ざかってしまいます。
とは言うものの鳥インフルエンザの感染拡大防止には努めなければなりません。

Karu9832z2800
カルガモ。

Kogamo0546p2800
コガモ。

Kinkurohajiro0754j2800
キンクロハジロ。

Hoojirogamo0522q2800
ホオジロガモ♂。

Hoojirogamo0843d2800
ホオジロガモ♀。嘴は黒く、先の方は橙色。♂の嘴は黒い。








| | コメント (0)

マガンの南下

Magan9731o2800
高清水で鳥を見ていた方から、雄和の高尾山から協和の山にかけてガンが「湧いている」
との連絡を受けた。湧いているの意味は、この時期数万羽のガンが伊豆沼辺りから大潟村
に移動して来る際、高尾山から協和町にかけての稜線から姿を現し始める事を言う。
私は見たことはないが、稜線から湧くように現れると言う。一度見てみたいものだ。
と言う訳で、我が家で今か今かと待っていても数万のガンたちは一向に来ない。
本人に確認してみると、群れは左右に分かれ、その後見失ったと言う。途中で北上を諦め、伊豆沼に戻ったのかも知れない。上空の風向きが悪かったのか。
そのうち今度は南下するマガンが我が家上空を飛んで行く。3千は飛んだだろうか。
ほとんどの群れが低空を飛んで行った。

Magan9698r2800
電柱付近を飛ぶ。

Magan9686t2800
低空を飛ぶことはあまりないので少し心配ですが、無事目的地に到着して欲しいものです。

Magan9753x2800
きれいな編隊にならずバラバラに飛んでました。
この大雪で大潟村もかなりの積雪のようです。ガンたちも餌を取るのが厳しくなってきたんでしようね。
話は変わって新屋のオジロワシですが、今朝ポンプ場近くに2羽いました。


| | コメント (0)

漁港で2時間

Miyubi9490e2800
午後から少し時間が出来たので岩城の漁港に行ってみました。鳥数は少なかったんですが、
ミユビシギがいました。ちょっと遠かったです。

Miyubi9509z2800
冬場に見られることがありますが、この時期の秋田では少ないですね。飛ぶのを予想して、
カメラを少し左に振ってたら予定通り飛んでくれました(笑)

Shiro9632f2800
シロチドリは2羽いました。これも少し左に構えていました(^_^;)

Hidori9415s2800
ヒドリガモが10羽飛んで来て港に降りましたが、アメリカヒドリっぽいのが1羽いました。
先週は6羽でしたから、4羽増えたようです。先週は雑種ぽいのが2羽いましたが、遠かった
のでよく分かりません。

Kawau9652g2800
青空の中カワウが飛んで来ました。青空はやはり気持ちが良いですね。
昼間の時間も随分長くなったような気がします。明日はさらに気温があがるので、
道路の雪もかなり解けそうです。外洋にクロガモ、アビ類はいませんでした。
話は変わりますが、昨日の朝と今日のお昼頃、オジロワシがまた同じ木に止まっていました。
我が家上空を飛ぶくらいですから、街中でも見られるかも知れませんね。





| | コメント (0)

ホオジロガモ

Hoojirogamo9121a2800
ここ数日悪天候。雪が止んで晴れ間が見えるのはほんの数分。その時が撮影のチャンス。

Hoojirogamo9234s2800_2
毎年防潮水門付近にはホオジロガモがたくさんいます。県内も大雪で除雪された雪が道路
脇にうず高く積まれていて、道幅も狭くなっています。車内からの撮影には十分注意しましょう。
大潟村も幹線道路から中に入るのはかなり厳しいです。ハクガンも新潟に移動しましたが、
この雪では暫くの間戻って来ないですね。





| | コメント (0)

オジロワシ

Ojirowasi8539a2800
今朝所用で新屋に出かけたら秋田大橋近くの木にオジロワシの成鳥が止まってました。
時々見る個体かと思います。

Ojirowasi8568b2800
一度飛んで水面に降りましたが、獲物は捕まえていなかったように見えました。

Ojirowasi8637c2800
昨年ムネアカタヒバリがいた辺りに降りたり、飛んだり、うろちょろしていました。

Jyobitaki8849a2800
午後からもう一度行ってみたらオジロワシは雄物川河口左岸にいましたが、その後見失い
ました。帰る途中、雪捨て場近くにジヨウビタキの♀がいました。



| | コメント (2)

漁港にて

Oosegurokamome8331a2800
午前中だけ漁港巡りしました。沖にはアビ、クロガモがいましたが、港内はカモメたちと
ウミアイサが少し、ホオジロガモが3羽、ヒドリガモが6羽(2羽はアメリカヒドリとの交雑かも)
、シロチドリ2羽、でした。ブリコを狙うオオセグロカモメ。

Wasikamome8299a2800
ブリコを狙うワシカモメ。

Umi8153v2800
着水するウミアイサ♀。

Umi8457o2800
こちらは♂。ぼさぼさ頭に赤い嘴。コウライアイサを見てみたい!

Oosegurokamome8219e2800
今日も寒い一日でしたが、青空が時々出てくれたのでなんとか救われました。
オオセグロカモメ。

Ookawarahiwa8281a2800
真冬のカワラヒワ。勝手にオオカワラヒワと思っています(^_^;)三列風切外弁の白い部分が
カワラヒワより広いと言われますが、この角度だと良く分かりませんね。一回り大きいらしい
ですが、どうなんでしようか。普段カワラヒワをもっと見ていないといけませんね。








| | コメント (0)

ハシブトウミガラス

Animehasi707
ハシブトウミガラスが潜っていましたが、体に水草が張り付いていました。

Hasi8080r800
4回潜ったら外れました。ちょっと心配しましたが良かったです。

Kokutyo6942a800
最初に寄った船川港にはコクチョウが1羽いました。鳥インフルでいろいろありましたが、
かご抜けとは言えこの個体はどこから来たんでしようか。

Kokutyo6962b800
最近では大仙市、能代市で確認例があるようです。今日見た鳥は白と黒でしたね。

Kanpu6972m2800
船川港から見た寒風山。回転展望台は営業してるんでしょうか。してないかもね。

| | コメント (0)

キタオットセイ

Kitaottosei66572800
目まぐるしい天候の中、男鹿の椿漁港に行って来ました。目的は海鳥でしたが、なんと、
オットセイがいました。初め見た時は大きな魚かな、と思いました。
自分ではよく分からなかったので男鹿水族館に聞いてみたらおそらくキタオットセイとの事。
男鹿周辺には年中いるみたいですが実際に姿を見るのは稀だと言っていました。
最近魚網にも掛かったそうです。いろいろと丁寧に教えていただきました。
ありがとうございました♪長いヒゲと耳が目立ちますね。
岩の上で時々休むそうなので、今度行った時はその辺りも見た方が良いのかな。

Kitaottose6556kitauraagyiko2800
見ている間はこのようにクルクル体を回転しながらずっと泳いでいました。
暫くの間いてくれると良いですね。

| | コメント (0)

オナガガモ

Onagagamo5999a2s
天気が良かったので新屋の雄物川に行ってみました。カルガモ、マガモなど多数いる中、
オナガガモだけが400羽ほど固まっていました。明日は氷点下7℃だそうです。
雪もかなり降りそうですから、鳥見に行かれる方は運転など十分注意してくださいね。

Onagagamo6054w2s
数分したら一斉に首を上げました。オジロワシでも飛んで来たんでしようか。

Onagagamo6070t2s
やはり飛んでしまいました。暫くするとまた戻って来ます。

Misago6106r2s
近年真冬でもミサゴが見られるようになりました。個体数も増えています。

J6100d2s
巨大な日の丸鳥も飛んで行きました。自衛隊機ですかね。








| | コメント (0)

クロガモ

Kurogamo4a2800
県内は真冬日が続いています。吹雪にはなるし、気温は氷点下だし、鳥見には厳しい季節になりました。
そんな天候でしたが、車で30分の漁港に行ってみたら、大荒れの中クロガモ14羽がブリコを食べていました。

Kurogamo5a2800
車内から撮れる場所にいなかったので、外に出てみましたが、まともに吹雪がレンズと顔に当たります。
とてもじゃないけど耐え切れず数分で退散しました。根性ないなぁ(T_T)
途中の道の駅ではオジロワシ成鳥が見られました。

| | コメント (2)

鳥海山

Mt5338s2800
由利海岸を回りましたがカモメは極端に少なかったです。今までのあの数はどこに行った
んでしょうか。象潟に来たら鳥海山が綺麗に見えました。

Mt5347r2800
すこしカメラを右に振ると奈曽渓谷が見えます。ビジターセンターも見えますね。
秋にはこの辺を通過して行くハチクマが見られます。運が良ければイヌワシも。

Hosihajiro4522s2800
漁港にはホシハジロ。

Abi4849w2800
アビ。

Haku4427z2800
そしてハクセキレイ。

Haku4449a2800
変なオヤジがいるなぁ、って顔してました。









| | コメント (0)

由利海岸

Abi3514m2800
北へ行こうか南へ行こうか迷っていたらアビ情報をいただいたので南に向かう事にしました。
着いたら目の前にいました。今シーズン県内の各漁港を回っていますが、堤防が高く造り
直されているようです。お陰で少し遠くが見ずらくなってしまいましたが、津波などの災害の
ためなんでしようね。
アビ属はみな良く似ていますが、アビの上面に白斑がたくさんあります。
今年は例年になく各漁港でアビ類を見る機会が多いですね。1月3日には新屋の雄物川にも
オオハムが1羽いました。

Onaga3877k2800
漁港にはカモも少しいました。オナガガモの着水です。

Suzu3910r2800
スズガモの♀が羽ばたいています。

Kin3831f2800
休んでいたキンクロハジロがカモメたちにちょっかいを出されていました。

Umi3805w2800
ウミアイサ幼の着水です。
今日は鳥はそんなに多くはありませんでしたが、じっと待ってるといろいろ撮れました。
しかし今年はカモメ類が極端に少ない!







| | コメント (2)

明けましておめでとうございます

D2794a2800
今年の初撮りです。今年も宜しくお願いします。この日はアビ類が5羽、ハシブトウミガラスが
3羽いました。時々吹雪きになり早めに切り上げる事に。
岸壁ではイワシが入れ食い状態でした。次回は釣竿持参かな

Isohiyo2929a2800
シロエリオオハムを見ていたら近くにイソヒヨドリの♀が来ました。
今年もいろんな鳥たちと出会えますように♪

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »