« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

明日から4月

Hoojiro4381a21200
新屋の河川敷に行ってみましたが、目だった鳥はホオジロ、カシラダカ、ムクドリ、カワラヒワ
ツグミ、シジュウカラ、でした。

Hoojiro4374m21200
芝生に何かいないか探してみましたが、ホオジロだけでした。

Kashiradaka4949p21200
カシラダカもいましたが、少なかったです。4月が楽しみです♪。




| | コメント (0)

ヨシ原にて

Ooban3512a21200_2
オオバンが忙しくしていました。

Kamo3515k21200
岸辺に座ってカモたちを見ていたら突然飛んでしまったので何事かと思い辺りを見回したら、ヨシの影に何やら動く物体が・・・近くで巣作りしているカラスも騒いでいました。

Ootaka3723a21200
回りを見たらヨシの隙間からオオタカ若が見えました。獲物を捕まえようとしたんでしようか。数分間留まっていました。

Tyuhi3821b21200
チュウヒとアオサギ。

Daisagi3931c21200
チュウヒとダイサギ。

Tobi3989i21200
チュウヒとトビ。チュウヒはトビに16文キックをしてました(笑)

Tashigi4087r21200
チュウヒとタシギ。

Tyuhi3691a21200
昨年足環付のチュウヒ♂がつがいを形成していたようなので、今年はどうなのか興味が
あるところです。この日撮影した画像を見ましたが、足環は確認できませんでした。



| | コメント (0)

ホシムクドリ

Hoshimukudori3323a21200
連絡をもらいましたが、この日は残念ながらじっくり見る時間がありませんでした。
数コマ撮って終了です。次回期待したいところです。

| | コメント (0)

カンムリカイツブリ

K2841i21200
繁殖の季節になりました。昔と比べると個体数が随分増えました。

Z2890h21200
お互い首を振ったり、カンムリカイツブリの求愛行動はいつ見ても独特で面白いです。

M3163k21200
これからが楽しみです♪




| | コメント (0)

ベニマシコ

Benimashiko1626a21200
近くの雄物川河川敷に行ってみたらピッポ、ピットとベニマシコの声が聞こえてきました。
しばらく待っていたら2羽現れました。この辺りも小鳥たちが増えて来たような感じです。
見た鳥はベニマシコ2、ツグミ、シメ、カワラヒワ、カシラダカ、アオゲラ、アカゲラ、コゲラ、エナガ、
シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、ホオジロ、メジロ、キジバト。
ヒバリ、アトリは見なかったですね。ツグミ、カシラダカが随分増えました。

Benimashiko1504w21200
♂もいましたが、4月になればより羽が擦り切れ赤味が増すと思います。

Benimashiko1379c31200
♀は年齢や季節に関係なく顔や腰に赤味はありません。この個体はかなり白っぽく見えました。

Tugumi1298a21200
ツグミも増えました。

Akagera1674u21200
アカゲラの他アオゲラ、コゲラも見られました。いつもの年だったらアトリが見られるのですが
、今年は全く見られません。この辺りもこれからですね。

| | コメント (2)

ハジロとアカエリ

Hajiro1268s21200
ハジロカイツブリの夏羽がいると言うので行ってみました。2羽いましたが、1羽はまだ冬羽
でした。周辺には結構見られますが、今年はまだ群れになってないですね。



Akaeri0650a21200
くつろいでいるアカエリカイツブリも1羽いました。夏羽が見たいですね。

| | コメント (0)

水鳥たち

Ooban0461j21200
オオバンも随分増えました。時々水面を走ってました。

Onagagamo9699p21200
オナガガモは相変わらず多いですね。

O9487k21200
同じ場所にオジロワシは5羽いました。

Mikoaisa0047s21200
承水路にはミコアイサの♀がいたり、

Hashibiro0353f1200
ハシビロガモの♀もいました。

Kanmuri0530v21200
カンムリカイツブリも恋の季節のようでした。










| | コメント (0)

ミコアイサその2

Smew8674i21200
静かな調整池ではたくさんのカモ達が休息しています。その中でミコアイサだけは近くに
来てくれます。

Mikoaisa9067a21200
こちらに向かって来ました。船着場付近では魚が捕りやすいのかも知れません。

Smew8965b21200
ミコアイサは河川やそれに続く沼、用水路などで見られます。



| | コメント (0)

ミコアイサ

Smew8102n21200
調整池にある漁港にしばらく座っていたらミコアイサが少しずつ近づいて来ました。
白黒のミコアイサは羽衣の色からパンダ鴨と言われています。遠くからでも良く目立ちます。

Smew8151b21200
小魚を追ってどんどん近づいて来たので、この距離でカモフラネットを被ることにしました。
餌付けされてた頃のカモは頭の上にまで乗ってきたものですが、今ではこの距離で人の気配を感じると飛ばれてしまいます。

Smew8200c21200
目の前に出て来ましたが、ネットを被っているせいか私には全く気付かず、しきりに潜っていました。

Smew8528u21200
遠くで見るのと近くで見るのしでは、随分印象が違いますね。

| | コメント (0)

オナガガモと雑種

Tyogenbou6779a21200
八郎潟調整池に行く途中の橋の周りを2羽のチョウゲンボウが飛んでいました。
今年もこの橋で子育てするつもりなのでしょうか。

Yoshigamo6944a21200
調整池には一万羽(しっかり数えていませんが)を超えるカモ達が集まっています。
マガモ、カルガモ、コガモ、トモエガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、
キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、ウミアイサ、が見られました。
この中ではオナガガモが圧倒的に多いですね。

Onagagamo7851j21200
時々大きな群れで飛んで近くの田んぼに降りていました。

Onagagamo7238w21200
午前中だけの観察でしたが、カモたちの動きは活発でした。こんな光景、見ているだけでも
楽しいです♪

Onagagamo7677x21200
一斉に飛び立つと向こう側が見えなくなるぐらいの数です。
こちらを警戒して飛んだ訳ではなく、ある時急に飛ぶのでワシの襲撃か!、と思ったりします。

Onagagamo7339o21200
着水です。

Ot7510z21200
調整池に降りようとしていた4羽のうち一番後ろのカモに違和感を感じました。
一瞬ヒメハジロかと思いました。

Ot7515s1200
別の画像を大きくしてみると、トモエガモのような、オナガガモのような・・・
群れの中に降りられると見つける事が難しいので、取り合えず降りる場所を確認することに。

Ot7536p21200
なんとか着水場所が分かりました。こんな個体は初めて見るので良く分かりませんが、顔が
トモエガモ風で、体はオナガガモのような気がします。脇にも縦の白線があるようです。

Hb7564t21200
あっと言う間にお昼になりました。もう少し見たかったんですが、今日はこれで帰ります。
このずうっと奥にオジロワシが2羽いました。




| | コメント (0)

タゲリその3

Tageri5850y21200
喉が黒くなっているので♂です。今日は天気が良いので緑や赤紫の光沢がきれいに出ました。
虫を捕まえたようです。
Canon EOS1D Mark Ⅳ  EF600mm f/4L IS Ⅱ USM
1/1250 f7.1 ISO400

Tageri6308x21200
今日で3回目になりますが、57羽に増えていました。

Tageri5949m21200
こうして見るとやはり翼の幅は広いですね。

Tageri5935l21200
低い所を飛ぶ時は意外に素早い動きをするので追うのが大変です。下尾筒は橙色です。
Canon EOS1D Mark Ⅳ  EF600mm f/4L IS Ⅱ USM
1/1600 f7.1 ISO400

Tageri6433p21200
独特な飛び方をするので見ていて面白いです。20と30位の群れが飛び、同じ田んぼに降りました。

Tageri6537r21200
遠くから見ると一見ハクガンのようですね。もっと増えないかなぁ。





| | コメント (0)

タゲリその2

Tageri1996w2800
今日行ったら同じ場所で16羽確認できました。春の渡りの方が秋よりも多く見られます。

Tageri1931o2800
翼の幅が広いのがよく分かりますね。初列の先端は白いです。

Tageri1941p2800
飛ぶと白と黒が目立ちます。不規則に動くのでなかなかファインダーに入りません。
田んぼで餌を取っているときは目立ちませんが、飛んでくれると白黒のコントラストが
ハッキリしているので確認が容易です。

Tageri1847q2800
乾いた場所より湿った場所が好きで、餌を探す時は脚を揺すります。
成鳥の冬羽から夏羽に換羽中でしようか。腮の部分が少し黒くなり始めているように見えます。

| | コメント (0)

タゲリ

Tageri0865y21200_2
午後から2時間ほど田んぼに行ってみました。そろそろタゲリが見られる頃なので探してみた
ら4羽いました。じっくり探せばもっといたかも知れませんが、所々吹き溜まりがあり走行不能
でした。
渡り途中のコハクチョウ、マガンもたくさんいましたが、いつもいるミヤマガラスは見ませんでした。

Tageri1188a21200
今週末は天気が良いので、きれいに撮れるかも知れません。もっと増えているかも知れませんね。

Tageri1087x21200_2
もう少し近くで撮りたかったんですが、これ以上は寄ってくれませんでした。








| | コメント (0)

大潟村にて

Tyoseichi9156z21200
大潟村を回って帰る途中、南部排水機場に寄って調整池を覗いてみました。
近くには鳥はいませんでしたが、奥の岸よりにオナガガモなどカモが1万羽以上いたと思います。
大潟村の雪はかなり解けて農道も走れるようになりましたが、まだ一部通行不能な場所も
あるので注意が必要です。

Mikoaisa0567o21200
承水路にはミコアイサ♂。白と黒のこの姿は良く目立ちますね。

Mikoaisa430m21200
ミコアイサ♀。

Kaituburi507t21200
カイツブリもいました。

Ojirowashi9848w21200
枯れ木に止まっているオジロワシを見つけたので、飛び出しを狙っていたら数分後に飛んで
くれました。

Cg9999e21200
牧草地にはシジュウカラガンが1,000羽ほどいました。今年は何羽になるんでしようね。








| | コメント (0)

大潟村周辺

Tomo4199u21200
田んぼで2,000羽くらいのオナガガモが食事してました。その中にトモエガモが数羽いました。
オナガガモやコガモの群れを見るとついトモエガモを探したくなります。

Tomoe4246s21200
軽トラックが近づいて来たので首を上げました。トモエガモの♂が2羽見えます。

Onaga4237f21200
今にも飛びそうです。

Kamosflyd21200
やはり飛んでしまいました。群れの先頭を撮影したら偶然♂3♀5が入ってました。
もっといたかも知れませんね。

Wk4313c21200
オジロワシ若が来ましたが、一回りして何処かに行ってしまいました。風切の先端がまだ
尖っているので1年目の若鳥かと思います。

Mikoaisa4739b21200
承水路には数千羽のカモがいました。その中にこのミコアイサも結構いました。
白黒は目立ちます。

Tyuhi4553v21200
チュウヒも飛んでました。ヒメハジロは見ませんでした。抜けたかも知れません。防潮水門
付近はカモ少なかったですね。

| | コメント (0)

八郎潟調整池

Magan3816a21200
調整池の氷が解けないうちに、と思いながら今朝も5時前に家を出ました。
画像は5時27分頃ですが、実際はもっと暗く見えます。肉眼ではほとんど見えませんが
デジカメの画像だとそれなりに良く見えます。ピントも合っているのか良く分かりませんが(笑)
氷が張っていると白い氷と黒いガンが解け込まずガンが確認出来ますが、氷が解けてしまうと水にガンの姿がとけ込んでしまいまったく姿を確認出来なくなります。
今日もまだマガンの数は少なかったですね。3万羽ぐらいだったでしょうか。まだ暗い5時半頃轟音が聞こえたので一部の大きな群れが飛び立ったかも知りません。
例年であればこの黒い帯が調整池の端から端まで繋がるのですが、今年はポツンポツンと
あるだけでなんとも寂しいです。

Magan3842b21200
いつもなら6時頃に殆んどの群れが飛び立つんですが、今日は6時25分になってもまだ飛びません。
堤防の上に立って1時間半近くなりましたが、さすがに寒いです(笑)
手前に群れがいますが、そのずーっと奥にも大きな群れが見えます。その時・・・

Magan3847c21200
後の群れが飛び立ちました。そろそろ手前の群れも飛び立つだろうと思っていましたが、その
後しばらく飛び立つことはありませんでした。

Magan3948s21200
7時半頃ようやく手前の群れが飛び立ちました。この群れのマガンは大潟村方向には行かず
飯田川側に降りました。

Magan3976y21200
ちょうど朝日が当たりきれいに撮れました。10万羽を超えるとこんなもんじゃないのですが・・・

| | コメント (0)

今日の大潟村

Cg3509a21200
牧草地にはシジュウカラガンが300羽を超えるくらいいました。農道もかなり雪が無くなり
ましたが、まだ入れない場所があります。水路工事もあちこちでやっているので運転には
注意しましょう。

Hakugan3395a21200
ハクガンも同じ場所に200羽ほどいました。今朝秋田市内をハクガンが50羽ほど北上した
との連絡をいただいたので、これで全数そろったかも知れません。

Magan3752f21200
マガン。

Magan3793z21200
うまく並んでくれました。

H3572p21200
ガンを見ていたら遠くにカラスと何かが見えました。カラスがちょっかいを出していたので、
タカかなと思い、こっちに来てくれ、とお願いしたらこちらに飛んで来てくれました。

Hh3621u21200
ハイイロチユウヒのようです。

Hk3684s21200
カラスにいたずらされても無視しているかのようでした。

Hh3689g21200
♀成鳥と♂若の区別は難しいです。虹彩が黄色っぽいので♀成鳥です。















| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »