« マヒワ | トップページ | 男鹿の漁港 »

大潟村にて

Tahibari2762a2900_2
農耕地に行くと猛禽類が見られるだろうと思いながら行ってはみたが、ノスリ1羽いない。
ハクガン20羽、マガン50羽が近くにいたがそれ以外の鳥は見られない。
ケアシとかハイチュウとかを期待したが現れず。お昼近くまで粘ったがダメでした。
ここから移動する際、用水路にタヒバリが4羽いるのを見つけました。
タヒバリは田んぼの用水路や海沿いの荒地などで見られますが、見つけられたらラッキーと言う感じですね。

Tahibari2434g2900
近づき過ぎたら飛ばれてしまいましたが、また戻って来ました。R6R5の内弁は白いんですね。

Soba0199m900
お昼は道の駅で天ぷらそばです。今までとは違い自販機で食券を買う仕組みに変わってました。
食券はカウンターに出さなくても良いみたいです。

Tyuhi3995p2900
午後からは承水路で2時間ほど定点観察。チュウヒが2羽飛び回っていました。

Kogamo3523p2900
車の外で座って待っているんですが風は強くなるし寒いです。ここは我慢ですかね。
少しずつコガモ達も集まって来ました。何羽か降りてくれると次々に集まってきます。

Kogamo3195a2900
着水です。
カモもなかなか警戒心が強くて近づくと飛んでしまったり、すうっと離れて行くので、手ごわいですね。
餌付けしていた頃はコガモ、オナガガモ、ヒドリガモなどが頭の上にも乗っかってきたものですが。

Kogamo3782w2900_2
この時期はコガモの顔もいろいろです。右の雄は生殖羽に移行中のようです。

Mikoaisa3885e2900
同じ場所でミコアイサ♀がしきりに潜っていました。

|

« マヒワ | トップページ | 男鹿の漁港 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マヒワ | トップページ | 男鹿の漁港 »