« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

男鹿の海

Hajirokaituburi3713a2900
駆け足で回って来ましたが、全体的に鳥は少なかったです。そんな中でもハジロカイツブリが
居てくれて良かったです。

Hajirokaituburi3736a2900
眼の後ろの飾り羽が目立ってきました。♂♀同色。


| | コメント (0)

春期タカの渡り

Nosurigotoh20180323tentokujia900_2
3月も残り1週間となりました。今年から春のタカの渡りを少し観察してみようと平和公園に
行って来ました。会員のTさんも数ヶ所観察場所を探しているようです。
これからノスリ、ハイタカ属、サシバ、ハチクマと見られるとは思いますがどうなんでしようか。
まだ観察実績がないので何とも言えませんが、数回実施したいと思っています。
今日は11時半にノスリが3羽ハイタカが1羽、上昇気流をつかみ一気に北上して行きました

同じ時刻ツバメ2羽初認。

| | コメント (0)

場所探し

Otomodate0001a2900
今日は春のタカの渡りの場所探し。以前の観察ポイントだった館山に行ってみました。
しかし上新城側からのルートは観察ポイントの少し手前で通行止めになっていました。
それではと下新城側から回ってみることに。

Otomodate9439a2900
麓からの距離は少し長くなりますが、無事観察ポイントに到着です。
ここは南側が開け見通しは良いです。高尾山、鳥海山、秋田市街地も良く見えます。

Tateyama9447a2900
魚眼で撮影してみました。こんな場所になります。

Otomodate9451a2900
後ろを振り向くと小高い丘になっています。ここは秋の渡りの頃はタカが頭上に直ぐ現れる
のでちょっと不向きですが、春の渡りの観察には南側が開けているのでカウントし易い場所
なのかなと思います。ただ春の渡りの観察経験がないので渡りが観察できるのかどうかは
何とも言えません。




| | コメント (0)

ヒレンジャク

Hirenjaku3636a2900
午前は病院で○○の再検査、午後からは「春のタカの渡り」の観察場所探しでした。
数ヶ所回りましたが途中の里山でヒレンジャクの群れに出会いました。
バードウオッチャーにとっては里山は魅力的ですね。


| | コメント (0)

繁殖の季節

Kanmurikaituburi4204a2900
カンムリカイツブリ。

Kanmurikaituburi4932a2900
昨年とほぼ同じ場所です。

Tyuhi4782a900
チュウヒ。巣材を運んでいるようです。この真下に降りました。昨年とほぼ同じ場所です。

Tyuhi4596a2900
昨年と同じ個体のような気がしますが良く分かりません。




| | コメント (0)

クロツラヘラサギ

Kuroturaherasagi3692a2900
ほぼ毎年のように男鹿市、潟上市、大潟村、能代市などに飛来するクロツラヘラサギ。
昨年は7月18日に八郎潟調整池でクロハラアジサシと一緒にいるところを見てました。

Kuroturaherasagi3748a2900
ダイサギと一緒の時はすぐ飛びましたが、一羽になったら近くに降りてくれました。
昨年の個体はすべての風切の先端の黒斑があったので2年目の若鳥かな、と思っています
が、今回のは3年目の若鳥かと思います。昨年と同じ個体カモ。

Kuroturaherasagi4129a2900
飛び出し。昨年の個体もそうですが、足環は付いていません。

Kuroturaherasagi4123a2900
嘴の形がよく分りますね。しばらく居てくれることを期待します。

| | コメント (0)

川から山へ

Hakutyo3153a2900
早朝ハクガンが塒にしていると言う岩見川に行ってみましたがいませんでした。
散歩をしている方の話を聞くと3月1日あたりからいたそうです。白鳥は1千羽位いました。

Tageri3533a2900
帰りに寄った田んぼにはタゲリが40羽ほどいました。もうしばらく居てくれると思います。

Ootakiyama0047a900
午後から山の方に行ってみましたが、まだ車で入れず、滝までは無理。あと1週間かな。

Kanayamadaki0054a900
ここも車では奥まで入れません。鳥も少なくミソサザイが1羽のみ。

Nibetu0048a900
ここもまだかなりの積雪。アオシギ狙いで行ってみましたが、カジカガエル?の声のみ。
上空ではクマタカ旋回。

| | コメント (0)

八郎潟調整池その4

Ojirowashi2152a2900
昨日までは氷は手前にあったようですが、今日は風の影響でかなり北に流されています。
オジロワシが30羽ほど居たようですが、かなり遠くになってしまいました。

Ojirowashi2363a2900
幼鳥が近くを飛んでくれました。

Ojirowashi2771a2900
カモメとオジロワシ。

Ojirowashi2663a2900
氷の上に降りているところですが、もっと近くで撮りたいものです。

Hamashigi2855a2900
カモメとハマシギ。ハマシギは20羽ほどいました。調整池の氷が解けるとこんな光景は
見られなくなります。

Ojirowashi2463a2900
オジロワシの隣にオオワシ成鳥もいたんですが、撮ろうとしたら飛ばれました。
久し振りに悔しい思いをしました。

Keri2551a2900
ケリも近くにいました。この辺りで巣を構えるようです。

Ojirowashi2529a2900
4枚目にも写っていますが、昨年生まれのオジロワシです。最初見た時はトビかと思いました。












| | コメント (0)

タゲリ

Tageri2028a2900
市内の田んぼにタゲリが9羽入っていました。秋よりも春の渡去期に多く見られます。
乾いた所よりも湿った場所が好きです。

Tageri1943a2900
上面にわずかに羽縁がありますからまだ冬羽から夏羽に換羽中の個体です。
♂の夏羽は嘴の基部から喉、胸まで黒くなり羽縁もなくなります。これはまだ腮の方まで
黒くなっていませんが♂で良いと思います。冬羽は雄も雌も喉は白いです。
実際のところそんなに多く見られる鳥ではないので♂♀を意識して見た事はありません。

| | コメント (0)

ハクガン

Hakugan1324a2900
昼過ぎに大潟村に行って来ました。この日ハクガンは大潟村より北上し能代市に移動した
とのこと。N氏によると線路脇に降りているらしく344羽をカウントしたらしいです。
そんな事を聞いていたので、村内にはもう一羽もいないと思っていましたが、61羽がまだいました。
この日秋田市内にも1羽いたので、県内のハクガンの総数は406羽と言う事になります。

Hakugan1334a2900
大潟村のガンはかなり少なくなりました。来年のハクガンは何羽になるのか楽しみです。

| | コメント (0)

シジュウカラガン

Cg0599a2900
今年まだ見ていなかったので村内を少し探してみました。初め4、50羽くらいでしたが、
少しずつ集まってきて、最終的に160羽ほどになりました。

Cg0727a2900
数千羽のシジュウカラガンを期待していましたが、予想は外れました。
実際に何羽いるのか分りませんが(^_^;)

Cg1044a2900
降りるところです。

Cg1180a2900
シジュウカラガンだけの群れだとそんなに警戒しませんが、ヒシクイやマガンと一緒の場合
はつられて飛んでしまいます。そろそろ大潟村から抜けていくガンも見られますから、寂しく
なりますね。






| | コメント (0)

八郎潟調整池その3

Magan1095f2900
昨日は調整池にマガンがオオワシ?の為まったく見られず、今朝また行って来ました。
まだ暗い午前5時20分に調整池に到着し、マガンを探すと天王側にいました。
(画像はすこし明るく補正しています)
例年だと10万羽位いるようですが、今日は2~3万といったところでしようか。
いつもならおびただしい数のマガンの騒がしい声が聞こえるのですが全く聞こえてきません。
実際の数は分りませんが何れにしろ今年は少ないですね。
今朝は南よりの風が強く、堤防の上に立っているのがよいでねがったす。
Canon EOS-1D Mark Ⅳ  EF600mm f/4L IS Ⅱ USM
ss1.3 f4.0 ISO6400

Animemagan20180308_3
いつもなら身震いするほどの轟音と共に飛び立つのですが、今回は静かでした。
5時40分頃。今年は数が少ないので迫力に欠けました。
Canon EOS-1D Mark Ⅳ  EF600mm f/4L IS Ⅱ USM
ss1/15  f4.0  ISO3200

Magan1901a2900
マガン

Magan2083a2900
マガン

Maganojiro1971a2900
マガンとオジロワシ

Hakutyo1548a2900
コハクチョウ

Onagagamo1483a2900
オナガガモ。トモエガモも入れようとしましたが無理でした(笑)
調整池もカモたちで大賑わいでした。

Onagagamo1391t2900
こちらの画像には偶然トモエガモ♂が入っていました。左下に数羽います。

Kogamo2317a2900
今年はアメリカコガモが例年になく複数見られるので、もしやと思い探しましたが、
残念ながらいないようです。

Dsc_0039a900
午前7時半頃の八郎潟調整池。残っていたマガン達もすべて飛んでしまいました。
タゲリの姿も見られました。ケリも既に来ているかもしれませんね。
帰る時間になったのでこのへんで終了。

| | コメント (0)

八郎潟調整池その2

Magan0716a2900
午前5時20分に着いたが既に飛んでいた。氷上にいるはずの数万のマガンがいない。
日の出が6時頃なのでまだ大丈夫かと思っていたが遅かった(>_<)
しかしこんな筈ではないと思いながら氷上を良く見たらオオワシが何かを食べている。
もしかしてマガンを襲ったのか?そのせいで飛んでしまったのか?
対岸を数万のガンが飛んでいた。明日再チャレンジ。

Oowashi0730a2900_2
そのオオワシ。

Magan0740a2900
6時を少し過ぎた頃、一度飛んだマガンがまた少し戻って来ましたが、この数では・・・
今日はここで撤収。







| | コメント (0)

八郎潟調整池

Onagagamo0053a2900_2
調整池にはたくさんのカモ類が終結していました。これから繁殖地に向かうんですね。
ここも寂しくなります。

Onagagamo9930a2900_2
この辺りでは、オナガガモやコガモ、マガモなどが多く見られますが、
他にヨシガモ、オカヨシガモ、カルガモ、ヒドリガモ、トモエガモ、キンクロハシ゜ロ、
スズガモ、ホシハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、ウミアイサ、カワアイサ、なども見られます。

Kogamo9992a2900
カモが一斉に飛ぶ姿は見ていて飽きません。

Hoojirogamo0158a2900
ホオジロガモ。潜水して餌を採るカモは助走して飛び立ちます。

Mikoaaisa0367a2900
ミコアイサも助走します。

Mikoaisa0305a2900
ホオジロガモよりも助走は少し長いようです。







| | コメント (0)

北帰行

Gan9877b21200
例年より遅く、先週からガンの北上が始まりました。我が家上空も飛んで行きます。
慌てて撮った群れの中に顔が白っぽいマガン若?とシジュウカラガンが写っていました。
大潟村周辺も賑やかになりそうです。

| | コメント (0)

オジロワシ

Ojirowashi9698a2900
今朝10時半頃新屋のポンプ場の前を通ったらオジロワシが2羽いました。毎年1羽は来ます
が2羽は久し振りです。大仙市に3羽いますが、その個体が来たのかと思い確認してみまし
たが、どうも別個体のようです。

Ojirowashi9715a2900
雄物川河口付近にあるたくさんの風力発電の風車にぶつからなければ良いのですが。

Ojirowashi9741a2900
明日は大荒れのようです。土曜日までいてくれると良いですね。










| | コメント (2)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »