カテゴリー「野鳥」の記事

トウネン

Tonen9604a21000
海岸にトウネンが25羽いました。
20年くらい前は500羽とかの群れが見られましたが最近はそんなに多くは見られません。
何か違うのが混ざっていないか探すのもシギたちを見る醍醐味でもあります。

 

Tonen9781a21000
これから数千キロを旅するシギたち。たくさん食べて体力をつけないといけません。

 

Tonen9748a21000 
採餌時々休憩。

 

Tonen9739a21000 
ヨロネンやヘラシギもこんな感じで見てみたいものです。

Tonen9549a21000
じっと動かず待っていると私の目の前を通っていきます。幼羽。

| | コメント (0)

エゾムシクイ

Ezomushikui9441a21000
ピッピッと比較的大きな声で鳴くので存在に気付きます。しばらく待っていたら近くに止まってくれました。
センダイムシクイとは違い、下嘴には黒い部分があります。

 

Ezomushikui9412a21000 
動きが激しいので追うのに疲れます。ここでは毎年のように見られるので有り難いです。

| | コメント (0)

タカブとエリマキ

Takabu8442a21000
タカブシギも絶滅危惧Ⅱ類になってしまいました。水張り休耕田が比較的多くあった時代はあちこちに分散していたと思います。
しかし水張り休耕田が無いこの時代でこれだけの数ですからやはり少なくなって来ているのかもしれません。
ただ単に私が見つけられないだけかも知れませんが・・・

Takabu8527a1000
気持ち良さそうに水浴びしていました。

 

Erimaki9069a21000
帰り際エリマキシギがひょっこり現れました。

| | コメント (0)

センダイムシクイ

Sendai7930a21000
小鳥達の渡りが始まり、ムシクイ類も見られるようになりました。早いのはセンダイムシクイでエゾムシクイ、
メボソムシクイ、オオムシクイの順で見られるような気がします。ムシクイ類はどれも皆似ていて判断が難しいですが、
センダイムシクイの下嘴には黒い部分はありません。

Sendai7862a21000
この角度だと頭央線が良く分かります。

| | コメント (0)

サシバ

Sashiba2392a21000
巣に餌を運ぶサシバ。カエルのようです。

Sashiba3133a1000 
サシバは普通一夫一妻ですが、観察していると時々3羽みられるので不思議に思っていました。
調べてみると時には給餌に参加するオスが加わり一妻二夫になるようです。

Sashiba3007a21000 
繁殖時の行動範囲は狭いので見る機会は多いですが、近くで繁殖しているノスリが現れると出現頻度は下がるような気がします。

Sashiba2987a21000
全国的に数が減っているようですが、秋田県はどうなんでしょうか。

 

Sashiba2666a21000 
待ち伏せて獲物を捕らえるための枝に止まるところ。その他の鳥はホトトギス、ノスリ、サンコウチョウ、カケス、アオサギなど。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

今日の高清水

Sankocyo0662a21000
昨日の高清水月例では声のみで、姿が見られなかったサンコウチョウでしたが、今日撮影して来ました。
なかなか撮影出来る場所に出て来てくれませんでしたが、木々の隙間からなんとか撮れました。

 

Komukudori0720a21000
同じ場所にコムクドリ♀もいました。

 

| | コメント (0)

ヨタカ

Yotaka9172a2800
5月16日に数羽確認していたので今日の夕方6時頃また行ってみました。
良く止まる電線の前で待っていたら7時半頃♂が来て鳴いてくれました。(♂は喉が白い)
この時間帯が肉眼で見えて、ストロボなしで撮影できる限界です。
3羽以上いることは確かで、目の前を飛んだりしていました。
その他、ツツドリ、ホトトギス、トラツグミ、イカル、アオゲラ、サンショウクイ、モズ、タヌキ。
1/13 f4.0 ISO12800  600mm f4L IS ⅡUSM

| | コメント (0)

船越水道

Kogamo8803a21000
コガモの中にちょっと変わったのがいました。

 

Kogamo8799a21000
初めは雑種かと思いましたが、雌の雄化個体のようです。

 

Karayoshi8675a21000
同じ場所にヨシガモもいました。後方は数日前から滞在中のカラシラサギ。

 

Yoshigamo8829a21000

 

Yoshigamo8748a21000
三列風切が特徴的。

| | コメント (0)

渡りの時期

Mugimaki8259a21000
昨年の秋は見ることが出来ませんでしたが、今年の春は見ることができました。

 

Mugimaki8271a21000
綺麗な声で囀っていました。複数個体いたようです。

 

 

| | コメント (0)

オオジシギ

Oojoshigi8057a21000
今年もここにやって来ました。ディスプレイ飛行は見られませんでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧