カテゴリー「野鳥」の記事

オオムシクイ

Oomushikui2882a2900
秋田で一般的に見られるムシクイ類のなかでは一番遅く5月下旬から6月にかけて入ってきます。
ジジロジジロ鳴くので居るのが分かりますが、なかなか見つけられません。
以前はメボソムシクイの亜種のコメボソムシクイにされていましたが、今は独立種になりました。

| | コメント (0)

春のタカの渡り

Hachikuma1882a900 
サシバやノスリ、ハイタカ属に続いてその後はハチクマが渡って来る。
ハチクマのピークは過ぎたかも知れないが、それでも5羽の渡りが確認された。
春の渡りは秋とは違って不明な点がたくさんあるが、タカの渡りを見ると何故か気持ちがタカぶる。。
観察は午前中だけでしたから、天気が良くなった午後はもっと渡った可能性ありです!



Tumi2071a900
ツミ。

 

Haitaka1911a900
ハイタカ。


Nosuri2038a2900
ノスリ。



Koshiakatubame1962a2900
コシアカツバメは5羽飛んでました。

 

Hario1934a2900
ハリオアマツバメは30羽ほど。

 

 

 

 

| | コメント (0)

公園にて

Kawa1413a2900
歩き疲れてベンチで休んでいたら近くの松の木にカワセミ♂が止まってくれました。
この後池に飛び込みましたが魚は捕れなかったようです。

 

Kibitaki1310a3900
キビタキを撮影したのは久しぶりです。一週間前にかなり夏鳥が入ったようで、今日は少なかったです。

 

Kibidango1365a2900 

| | コメント (0)

水場にて

Sime1250a2900
水場の水も少なくなりました。あと数日で干上がるでしよう。シメ♂。

 

Aoji1276a2900
アオジ♀。

 

Aoji1281a2900
アオジ♂。ここ数年この水場に来る鳥は少なくなりました。ヒタキ類、ムシクイ類がほとんど来なく
なりました。他に良い場所あるのかなぁ。

| | コメント (0)

田植え前

Yurisyaku9884a2900
田んぼに水が入ると鳥たちも増える。農家の方たちも忙しくなる。

Takaeri0517a2900
エリマキ♂とタカブの大きさ比較。

| | コメント (0)

ツバメチドリ

Tubati9478a2900 
外出自粛とは言え少しは外の空気を吸いたいもの。桜も満開。ツバチも元気に飛んでました。

| | コメント (0)

コマドリ

Komadori8170a2900 
ここもいつのまにかコマドリポイントになってしまった。毎年こんな感じで見られるのだから
有難いと言うほかない。

| | コメント (0)

用水路にて

Seitaka5747a2900 
水路沿いや田んぼを回っていたらセイタカシギとシマアジがいるとの連絡が鳥友から入り途中に寄って
みました。この辺りでは春先に見られることが多いです。

 

Shimaaji5959a2900
同じ場所にいたシマアジ♂♀。

| | コメント (0)

カワガラス

Kawagarasu5482a2900
今年もここで3羽巣立ったようです。もう1羽は離れた場所にいます。

 

Kawagarasu5377a2900 
カワネズミかどうか分かりませんが、奥から急に飛び出して来ました。そのまま水にドボンです。
カワガラスは驚いて飛んでしまいました。

 

Kawagarasu5403a2900
その後しばらく近くに泳いで来たり、飛んで来てくれました。
水浴びを1/160秒で撮ったらこうなりました。

| | コメント (0)

里山にて

Ruri3890a2900 
黄色や赤い鳥はいませんでしたが、青いルリビタキがいました。左足の第4趾が内側に折れているようです。

 

Sashiba4368a2900
今年もいつもの場所にサシバがやって来ました。この少し前にはカケスに騙されました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧