カテゴリー「フィールド便り」の記事

キタオットセイ

Kitaottosei66572800
目まぐるしい天候の中、男鹿の椿漁港に行って来ました。目的は海鳥でしたが、なんと、
オットセイがいました。初め見た時は大きな魚かな、と思いました。
自分ではよく分からなかったので男鹿水族館に聞いてみたらおそらくキタオットセイとの事。
男鹿周辺には年中いるみたいですが実際に姿を見るのは稀だと言っていました。
最近魚網にも掛かったそうです。いろいろと丁寧に教えていただきました。
ありがとうございました♪長いヒゲと耳が目立ちますね。
岩の上で時々休むそうなので、今度行った時はその辺りも見た方が良いのかな。

Kitaottose6556kitauraagyiko2800
見ている間はこのようにクルクル体を回転しながらずっと泳いでいました。
暫くの間いてくれると良いですね。

| | コメント (0)

男鹿巡り

Kitune0644j800
門前の立派なトイレを使わせていただいた後、少し車で走ったらキツネにカラスが
「お前、あっち行け!」と言ってました。キツネは少し元気がないように見えました。

Kitune0726k800
こちらに近づいて来るところをみると、餌をねだっているようです。

Oohamu0888p2800
今日の北浦周辺は全体的に鳥は少なかったです。それでもオオハムは5羽いました。

Sinori0898e2800
今日の海は穏やかでしたが、カモメたちはそうでもなかったです(・_・;)



| | コメント (0)

森吉山野鳥観察会

Img_3547s600ブナ林を歩いて桃洞の滝まであと少しの所で大きな雪の塊がありました。
幅が5メートルくらいあったかなぁ。キセキレイが舞っていました。

Img_5888k12600散策路を歩いているとカミキリムシが一匹。図鑑で調べたらコブヤハズカミキリらしいです。
飛べないみたいですね。
鳥はと言うとアカショウビン、エゾムシクイの声、ゴジュウカラや、ミソサザイ、シジユウカラなどなど。
お昼ご飯は滝の前でいただきました。楽しかったで~す♪


| | コメント (0)

今年のマユミ

Mayumi600実の付き方が心配で行ってきました。今年は豊作のようです。奥のマユミ、サワフタギ、
中央のマユミもたくさん実を付けています。10月になると食べごろになるでしょう(^^)v

Ma600昨年は残念ながら一羽のみの確認でしたが、今年は多くの渡来を期待したいものです。



| | コメント (0)

体育の日

A79e1990nm5600 最近運動不足でお腹に脂肪がついてきました。ジョギングなんか良いのでしようが、走るのが嫌いなのでどうしようもありません。リスはあんなに動き回っても疲れないのかなぁ。

A79e1995k6600 藪の中からウグイスの地鳴きが多く聞かれました。水浴びしたらこんな姿に(^_^;)

| | コメント (0)

春ですね

Img_4160ms600_2 植物園で咲いていたマンサクです。鳥はヒヨドリやカラ類など。

Img_4168pt600 最近ブレる事が多く、手振れ防止付きの100mmマクロが欲しくなりました。

Img_4370xe600 市内の河川敷が広範囲に渡り伐採されていました。少し離れた場所でも伐採されています。何か理由があるのでしようか。生き物の棲みかがまた奪われました。ここの沼ではミサゴが2羽、カワウ、コガモ、カルガモなど。ここ一週間ずーっと風邪ぎみなので今日は短時間でお終いにしました(^_^;)

| | コメント (2)

山巡り

Img_2335te470少々疲れ気味ではありますが天気が良かったので近場を回ることに。公園では5羽のキジ。この木に3羽止まっていましたが2羽は飛んでしまいました。傍ではベニマシコがピッポピッポ。上空ではツグミの群れとアトリの群れ。ちょっとだけ寄った港周辺はカンムリカイツブリ、スズガモなど。

Pb290014ok470 山に行っても鳥数は少なく寂しい限り。場所を変えて、赤い鳥はまだかなぁ、、と思いながら大きい滝のある山へ・・・(^_^;)。温泉側からは以前通行止めになっていましたが、解除されました。ただ一部道路が崩れた個所は狭くなっているので通行には注意が必要です。これはコンデジで撮影。

Img_8045ws470 同じ滝をこちらは一眼で。シャッタースピードは遅めに。広角を持ち合わせていなかったので100mmで。

Pb290021bo470 お目当ての赤い鳥は出なかった。去年見たのは12月23日。まだ早いのかな。ここで見た鳥・・・カラ類の混群とオオアカゲラ。

Pb290019zs470_2

ハギの実はこんな感じ。

Pb290005470470 コンパクトデジカメで撮った画像がをよく見るとシワシワになってますね。お分かりですか?故障かなぁ。と言うわけで見た鳥はすくなかったんですが、久し振りにあちこち回って楽しかったです♪

| | コメント (0)

木の実

Img_7850cm470 毎年10月10日過ぎ頃を楽しみにしてるんですが、今年の実の生り方はどうか夕方見てきました(^_^;)。園内中ほどにあるマユミはこんな感じです。奥の方にあるマユミは少し実の生り方が少ないようです。

Img_7865et470 一部は赤い種子が現れていました。

Img_7863qj470 サワフタギはこんな感じ。実の生り方はまだ半分くらいです。

Img_7878so470 ツグミ類が良く食べるカマツカの実。まだ熟していないようです。カマツカの名前は丈夫で折れ難いので鎌の柄に使われていた事によるようです。別名ウシコロシ。

Img_7847jd470

ハギも咲いていましたが、この木は毎年切られます。数本でもいいので残していただきたいのですが・・赤い鳥の為に。来るか来ないかわかりませんが(^_^;)

Img_7873st470 こんな名前の木があるんですネ!

Img_7874gi470 樹皮を煎じて目薬にするらしい。本当かなぁ。

| | コメント (0)

海から沼へ

Img_9889pu470 鳥仲間3人組が午前から昼過ぎにかけて海岸へ。シギチも今がシーズン。でも昔と比べると数は減ってきているのは確かですね。休耕田も少なくなり長旅をするシギチにとっての休息場所がなくなるのはちょっと心配です。トウネンは車の中でじっとしてるとすぐ近くまできます。釣り人の足元を横切ることもよくありますね。餌捕りで嘴は砂だらけです。

Img_9899sl470 同じ群れの中にメダイチドリもいました。大群をつくることで千の鳥と名づけられたらしいですが、そのチドリの中でも目が大きいので目大千鳥と言います。可愛い顔してますね♪

Img_1165uu470 シギチから帰って来た後、夕方いつもの田んぼに行ってみたらノビタキが3羽ほどいました。ノビタキを見るともうすっかり秋を実感します。ノビタ君の近くにはきれいなトンボもいましたよ~♪

Img_1107ty470 そのトンボとは・・・ここで毎年見られるマダラヤンマです。大きい沼近くで見られますが、数は少ないようです。おもに北海道、本州北部に生息しています。

Img_1148jp470 マダラヤンマはオオルリボシヤンマを一回り小さくしたようなトンボです。コバルトブルーがとってもきれいですね。いつ見てもこの色合いには興奮します(^^♪♂は♀を探しながらヨシの周りを時々ホバリングしながらぐるぐる回り、時々こんな具合に止まります。

Img_7767se470 ちなみにこちらが昨日撮影したオオルリボシヤンマの♂です。お互い似てますが、生息場所が少し違います。

Img_7739ss470_2 ↑の画像の近くで産卵するオオルリボシヤンマの♀。その真上を・・・・

Img_7746pp470 タカネトンボがパトロール。♀もいましたが撮れませんでした(^_^;)

| | コメント (2)

今日のヤブ池

Img_9844rs470 お盆休みはいろんな過ごし方がありますが、私の場合はこれと言った予定もないので近場をウロウロしようかと思ってます(^^♪今日は近くの公園に行ってみました。ここは日陰になっているので日焼けもしません(^_^;)これはリスアカネです。ノシメトンボに似てますがお腹が赤くなります。やや暗い場所が好きなアカトンボのようです。

Img_9850bj470 この小さな池で見たり聞いたりした鳥たち・・・メジロ、センダイムシクイ、エゾムシクイ、サンコウチョウ、シジュウカラ、スズメ、ヒヨドリ、そしてこのクロツグミ。

Rd2i0072kk470 シジュウカラ。可愛いですね。ストロボたいてごめんなさい(*_ _)

Rd2i0078tt470 エゾムシクイと思います。

Rd2i0081cc470 ムシクイ類は鳴いてくれないと見分けが難しいです。これは頭央線があるのでセンダイムシクイです。

Img_9563yb470 最後はこのヤブヤンマ。近くの枝に止まってくれてラッキーでした。複眼のブルーがとってもきれいです。岸から遠い所だったのでこれ以上近づけませんでした。(180mmマクロ)

Img_9555wq470 メスがすぐ近くの木の根元の暗い場所で産卵しました。足場が悪くこれがこの角度が精一杯。

Rd2i0116za470_2 600mmに中間リングをつけて撮ってみました。 ヤブヤンマは市街地の開発などで棲息場所が失われ数が減っているようです。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧