カテゴリー「トンボ」の記事

オオセスジイトトンボ

Oosesuji8313a2900
今年も多くのオオセスジイトトンボが見られ安心しました。この溜池も埋め立てとか、開発
とか無いと思いますが、こんな良い環境はこれからも守っていってもらいたいものです。

Oosesuji8304a2900
蒸し暑い沼の中にいるので熱中症に注意しながらオオセスジイトトンボと我慢比べ。
額から流れる汗を拭きながら待っていると目の前に止まってくれました。

Oosesuji8285a2900
こちらは♀。♂は成熟すると青になるが、♀は緑色。

Oosesuji8374a2900
クロイトトンボ属はみんな良く似ているので見分けが難しいです。


| | コメント (0)

トンボ巡り

Moton8141a2900
鳥も見たいがトンボも見たい・・・と言う訳でいろいろ迷ったあげく、今日はトンボを見て回る
事に。数ヶ所回ってみましたが先日の大雨でダメージを受けていた生息地があり残念でした。
アオサナエやオジロサナエの川の堤防は決壊し工事中。モートンの生息地は崖崩れ、などなど。
ここのモートンも未成熟個体も含め数多く確認できましたが、ここの生息地も来年はどうなるか分らないです。腹部のオレンジ色が目立つモホトンイトトンボ♂。大きさも3センチくらい。
崖崩れにより水は少なくなり、かなり草丈も伸びてきた。これ以上伸びるとモートンには
厳しい。

Moton8140a2900
モートン♀の未熟個体。成熟するにつれ緑色に変わります。

Ozeito8266a900
こちらはオゼイトトンボ♂。

Monosashi8186a2900
モノサシトンボ。たくさんいました。

Oosesuji8176a2900
最後に行った沼では今年もオオセスジイトトンボが出ていました。ここは安定した生息地。
まだ未熟個体が多かったですね。

| | コメント (0)

トンボその3

Nihonkawatonbo7917a2900
今日は昨年見つけたアオハダトンボの生息地へ。行ってビックリ、環境がすっかり変わって
いた。溜池の周りはきれいに整備され、草木は切り払われ、用水路も掘り起こされ立派に?
なっていた。僅かながらニホンカワトンボがいたので救われる。

Dabido7911a2900
春のサナエトンボの代表格のダビドサナエ。コサナエとならんで普通に見られるが、最近
少なくなっているような気がする。

Dabido7929a2900
同じくダビド。

Mukashiyanma8057a2900
ムカシヤンマ。ヤンマと名前が付いているが、動きが鈍いトンボ。そんなに多くはなく、
環境に左右されやすいトンボかと思う。幼虫は湿気のある斜面に生息するようだ。
それにしても我が家からそんなに遠くないアオハダトンボの生息地が失われた事はショック
です。










| | コメント (0)

トンボその2

Honsanae8235a2900
ようやくホンサナエに会えた。ここも安定した生息地を維持しているようでひとまず安心。
いつ見てもこの太い胴体には魅力を感じる。県内の生息地はここだけか。

Honsanae8225a2900
東北では絶滅した地域が多い中、秋田市内でまだ見られるのだから嬉しくなってしまう。

Honsanae8241a2900
この日は♂が2頭のみ。辺りを探せばもっといるかも知れない。
毎年ではあるがここにはサンショウクイとホトトギスが多くよく鳴いている。




| | コメント (0)

トンボその1

Yotuboshi8212a900
今年初めてのトンボ巡り。一番の目的だったホンサナエは田植え作業のため生息地に入れ
ず、別の場所に移動して他のトンボを見ることに。毛深いヨツボシトンボ。

Yamasanae8189a2900
ヤマサナエがもう羽化していた。昨年アオハダトンボを捕食していた憎い奴。

Kosanae8199a2900
コサナエ。思ったより個体数は少なかった。大雨による増水の影響か。

Torafutonbo6634a2900
トラフトンボ。沼の岸をひたすら飛び回るトラフ。180mmマクロを振り回し、毎年のように
トラフとの根比べとなる。私が勝てるはずがない。

Ozeitotonbo6713a2900
オゼイトトンボ。愛のハート型。

Ooitotonbo6528a2900
オオイトトンボ。この辺りで見たイトトンボは全体的に少なかったが、ここの沼は広いので
もっといたかも知れない。

Kuroitotonbo6532a2900
クロイトトンボ未熟個体。トンボもこれからが楽しみです♪
















| | コメント (0)

ギンヤンマ

Ginyanma7974a2900
チョウトンボやオオセスジがいる沼でギンヤンマが交尾していました。
高速で飛ぶギンヤンマはなかなか撮れませんが、止まっているのは撮れます(^_^;)

Ginyanma7984b2900_2
♂は腹部の水色の斑紋が目立ちます。
♂は自分の縄張りを飛んでいる時、他の♂が進入してくると激しく追い払います。


| | コメント (0)

ハッチョウトンボ

Hatyo7934m900
先週はそんなに多くありませんでしたが、今日はたくさんのハッチョウトンボが出でいました。
成熟した♂は背の低い草に止まって♀を待っていました。
草丈が短い湿原を好むのでそういう環境が失われると姿を消してしまいます。
エゾトンボも2頭飛んでいました。

Hattyo7896m2900
♀たちはは少し離れた場所にいました。赤い♂に比べて、♀は縞々模様です。
普通のトンボの姿をしていますが、大きさは2cmほどしかありません。

Hatyo7950x2900
♂を正面から。

Hatyo7918u2900
尾部付属器がまだ白い♂ですね。

Hatyo7931y2900_2
ハッチョウトンボはどこにでもいるトンボではありませんから、良い環境をいつまでも守って
行きたいものです。










| | コメント (2)

アオヤンマ

Aoyanma3a2900_2
アオヤンマが見たくて大きな沼に行って来ました。どちらかと言うとあまり人目につかない
ヤンマですが、存在感は十分にあります。ヨシなどに止まっていることが分らず飛ばして
しまう事がよくあります。♀がじっと止まっていました。
以前は小泉潟公園にある池にもいましたが、最近全く手入れがされず草ぼうぼうで池に
近づく事が出来なくなりました。池の橋も壊れて立ち入る事が出来ません。
なんとかして欲しいものです。オオトラフトンボも見られましたが残念です。

Kiito1s2900
キイトトンボもたくさんいました。

Kuroito2s2900
クロイトトンボもたくさん。

| | コメント (0)

セスジイトトンボ

Sesuji7798a2900
比較的大きい沼や田んぼの用水路で見られますが、県内ではそんなに多くは見られません。
胸の黒条の中に細い筋が入ります。
オオセスジイトトンボに似ていますが一回り小さいです。オオイトトンボにも良く似ています。

Sesuji7839o2900
こちらが♀です。

Ht2900
お昼はホルモン定食。このお店のホルモン定食はマジ美味い!




| | コメント (0)

オオセスジイトトンボその2

Oosesuji7747a2900
今月10日に行った時はまだ青いのはいませんでしたが、今日行ったら青いのが数頭見られました。
次回は連結を撮りたいですね。

Oosesuji7778x2900
これはまだ青くなっていない♂(未成熟)。緑色から青色になっていきます。

Aoitotonbo7732a2900
同じ沼にいたアオイトトンボ♂(未成熟)。♂は成熟すると胸や腹部に白い粉を帯びます。
平地の沼などで普通に見られるイトトンボです。アオイトトンボ属は翅を半開きにして止まる。

Honsanae7702d2900
この沼に来る前にホンサナエの場所に寄りましたが、まだ数頭見られました。
県内の生息地が何ヶ所くらいあるのか気になるところです。

Lunch2900
今日のお昼はラーメンと半チャーハン。ここの中華店はみんな美味しいです♪

| | コメント (0)

より以前の記事一覧